FC2ブログ

今日覚えたい文法

 aller は「第一群規則動詞」ですか?

→ ぼくの答えは NON です。
でも先生、原形が -er の動詞「第一群規則動詞」だと習いました!
ホントですか!そうだとしたら大問題です。(少なくともぼくはそう思います。授業中寝ていたか、説明の一部を好きなようにまとめたんじゃないかなあ、独り言ですが)
動詞のグループ分けは便宜的なもので、学習者にとってわかりやすくあればいいのです。
したがって動詞 aller を「第一群規則動詞」と分類するのは自由です。ただそこでの共通項は、原形が -erで終わっているだけ。
いや、それだけではありませんでした。

oser
(第一群規則動詞)
nous osons
vous osez

aller
nous allons
vous allez

主語が nous/vous のときには共通項があります。それ以外はないのです... ただし、活用形が現在形のときに限ってのお話です。
そもそも動詞の分類は「直説法現在形」の変化を元に分類しているのです。←ここ大事!
aller
je vais
tu vas
il va
nous allons
vous allez
ils vont

"v" から始まる形と "a" から始まる形が共存しているので「不規則変化」と言って問題ないと思います。
では aller を除く原形が -er の動詞「第一群規則動詞」と分類してもいいですか、先生?

いや、もう一つ動詞がありますよ。
payeressayer は規則動詞として活用することもできるので、ここに分類しても問題ないと思います。

明日への宿題にしましょう。
すべての動詞を「原形と半過去形を中心に分類」したら、おもしろいことになりますよ。
aller(語尾は er)
venir(語尾は ir)
partir(語尾は ir)
acquérir(語尾は ir)
vouloir(語尾は oir)
avoir(語尾は oir)
savoir(語尾は oir)
recevoir(語尾は oir)
attendre(語尾は re)

全部同じグループになってしまいます。
しかしこの分類では、基本動詞の finir, connaitre などは除外されてしまうのです。
原形が -er なのに「第一群規則動詞」と(少なくとも一般的には)分類されない動詞は何でしょう?
音から考えてみてくださいね。
綴りが... それは気にしてはいけません。綴りは音に合わせて後付で考えたものなのですから。
ご参考まで
Hirofu

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する