FC2ブログ

今日覚えたい文法

 代名詞のいくつかの用法

(紙芝居の解説)

1.
Tu veux des croissants ?
- Oui, j’adore ça. Donne-m’en 3, s’il te plait.
不定冠詞で導入された名詞でも、次のシーンで動詞 adorer が使われる時には J’adore les croissants. と定冠詞を必要としますね。御存知の通り、モノの種類全体が好きだと伝えたい場合には代名詞 ça が使われます。次の発言では 3 croissants と言いたいので、「直接目的語にある名詞を裸で受ける」中性代名詞 en で出番ですね。

2.
Tu aimes les fruits ?
- Oui, j’en mange souvent.
これも同じく、直前の文では定冠詞が使われている名詞 fruits ですが、動詞 manger と使われている次の文では冠詞が変わり des fruits となります。どんな果物でもいいのですからね。したがってここでも「直接目的語にある名詞を裸で受ける」中性代名詞 en で出番ですね。

3.
Il y a 10 macarons.
- Je les prends tous.
目の前にあるマカロンを全部「いただく」のです。共通認識をまとめて指し示す目的語代名詞 les が使われている典型的な例です。補足説明で「全部」と言いたいので、男性名詞マカロンに合わせて tous が使われるのです。

4.
Je mange des céréales le matin. C’est parce qu’on dit qu’elles sont bonnes pour la santé.
(紙芝居内は ils sont bonsとなっていますが、音声は修正済みです。)
朝には des céréales(シリアル)を食べるのです。シリアルは簡単に数えられそうなので、不定冠詞の複数形の des を使うことに問題はないと思います。「みんな」が言っているのです「それは」体にいいよ、と。そうこんな場合の不特定多数の人たちを伝えるには on がピッタリです。一方次の elles は直前に出てきた des céréales を受けて「このシリアル」を指しているのではなく、もっと上の概念 LES céréales という名詞が言い表せるグループ全体を指して「シリアルというのは」というのはね、と伝えているのです。

5.
Tu ne veux pas un petit café ?
- Oui, avec plaisir. Le café ne m’empêche pas de dormir. J’en prends tout le temps.
疑問文にある ne - pas には日本語の「コーヒー飲まない?」と同じく否定の意味はないと感じられるので、Oui で受けることができます。今回は 4. とは違い、改めて名詞 café を持ち込み「コーヒーというものは」と伝えたいために定冠詞を使っています。代名詞というのは使わなければいけないものではないのです。間違った代名詞を使ってしまいそうになるときは、迷わず名詞をもう一度言えばいいのです。動詞を活用させることは「絶対必要」ですが、代名詞化は「努力目標」で構わないのです。Je prends du café と言いたいので、最後に「直接目的語にある名詞を裸で受ける」中性代名詞 en で出番ですね。

6.
Il y a du yaourt dans le frigo, si tu veux.
- Merci, j’en prends un pot, hein ?
言語の解釈には必ず常識や前提というものが存在します。フランスでヨーグルトといえば、日本のような大きな容器に入っているのではなく小さなカップに入っているのです。この場面では、提案した方はもちろんわかっていますし、受ける側も冷蔵庫を覗いて確認しているのです。したがって流れの中に登場していなくても、un pot を持ち出して問題ないというわけです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する