FC2ブログ

今日覚えたい文法

 「Je ne bois pas du thé ってありえるの?」

はい、こんなふうに使います。
Vous buvez du thé le matin ?
- Non, je ne bois pas du thé mais du café.
飲むのは紅茶でなく、コーヒーです。

直接目的語であっても、
数や量を否定していなければ pas(やjamais) du と部分冠詞を残す必要があります。
ポイントは「数や量を否定していなければ」ということです。

Si je me souviens bien, tu bois du thé au petit-déjeuner, non ?
- Non, je ne bois quasiment jamais de thé. Ce n’est pas du thé mais du café que je bois le matin.
朝に飲むのは、紅茶でなくコーヒーです。(pas A mais B)
飲む量を打ち消しているのではなく、「紅茶」自体を打ち消しているのです。「紅茶ではない」のです。

Dis-moi, qu’est-ce tu bois chez toi ? Toi, qui mènes une vie très classe, (tu) bois du champagne ?
- Ce que je bois chez moi ? Je ne bois pas du champagne (qui coute une fortune) mais du vin rouge de moyenne de gamme correct.
素敵な暮らしを送っているから、やはり家ではシャンパン?
- 家で何を飲むかって?アホほど高いシャンパンなんかじゃなくて、コスパのいい中ランクの赤ワインだよ。

これもこう考えてみましょう。
Ce n’est pas du champagne que je bois chez moi. Je bois du vin rouge de moyenne de gamme correct.
こういった理由で c’est の否定文の中の冠詞は de にならないのです。
量や数の否定ではなく「そのもの」を否定していますからね。

Que c’est bon ! Qu’est-ce qu’il y a dedans ? On dirait de la crème de marron…
- Non, ce n’est pas de la crème de marron mais (c’est) de la pâte de haricots rouges sucrés. Ça te plait ? On l’appelle chez nous « anko ». Tu as dû le voir dans le film « les Délices de Tokyo ».
これなに、栗のペーストみたいだけど?
- これは「あんこ」と言うんだよ。映画「あん」で見たでしょ?

Tu veux boire du thé ?
- Non, je préfère du café.
も初級の文法書にか書かれていることから逸脱していますが、理由はおわかりですよね?
理由は、発表されません!待っていてはダメですよ。自分で考えたり調べたりしてください。
得意の「ほーちぷれー」です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する