FC2ブログ

今日覚えたい文法

 「否定文の中で使われる不定冠詞」

初級文法では次のような説明を受けます。
「否定文の中では、直接目的語に使われている un/une/des は de にしなければいけない」
もちろん正しいルールです。

Tu as un dictionnaire français-japonais ?
- Non, je n'ai pas de dictionnaire français-japonais. Je me sers d'un dictionnaire français-anglais.
仏和辞典持ってる?
- 仏和辞典は持ってないけど、仏英辞典を使っているよ。
Avez-vous des amis francophones ?
- Non, je n'ai pas d'amis francophones, mais ...

この構造で伝えたいことは、
そう「持っていない」ということなのです。積極的に「数がゼロ」ということを伝えているのではないのです。
「一人もいない、一つも持っていない」という数の話をするときには pas de では弱いのです。

「仏和辞典ってたくさん持っている?」
△「いや、持ってないよ」
○「いや、一冊も持ってないよ」
日本語も同じです。
ではどうすればいいのでしょう?

こんな時には「一冊も持ってない」のですから、日本語通りに書いてみましょう。
Tu as beaucoup de dictionnaires ?
- Je n'ai pas un dictionnaire.
良くなりました!

「えー、いいの?」
もちろんです!!
「そんなの習ってないよ」
習っていないだけで、「超スーパーウルトラ日常表現」ですよ。

Vous, qui parlez couramment français, devez avoir beaucoup d'amis français.
- Non, je n'ai même pas un ami français, mais j'ai des tas d'amis belges et suisses. J'ai même des amis québécois.
それだけフランス語がお上手なので、フランス人のお友達は大勢いるんでしょうね。
- いえ、一人もいません。しかしベルギーやスイスのお友達なら山ほどいます。ケベックにも何人かいます。

「では、"pas un(e)" という組み合わせでは、いつも「数がゼロ」ということを伝えるのですね」
いやそんなことは言っていません。
beaucoup de のような表現を使い「数が多い」の確認をされている場面で、「そうではなく、一つも〜ない」ということを伝えたい時には pas un(e) となるのです。pas un(e) がいつも「数がゼロ」ということを伝えるわけではありません。

「必要十分条件」ではないのです。←こっちからはOKだけど、あっちからはダメって、こう言いませんでしたっけ?
間違っていたら、この2行は削除しちゃってください。書きたかっただけなので。
「数がゼロではない」pas un(e) って...

あっ、もう時間です。
続きは明日です。
A suivre...
A demain !

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する