FC2ブログ

今日覚えたい文法

彼女って、クラスで一番フランス語上手に話すよね。

どんなフランス語にしますか?
今日は模範解答を先に出してみます。下記の模範解答2例を見て、何を感じますか?
1. Elle parle le mieux français de toute la classe.
2. Elle parle le meilleur français de toute la classe.

1. の Elle parle le mieux français de toute la classe. の元になっている文は、Elle parle bien français. ですね。そう parler bien なのです。「どんな風に」フランス語を話すのでしょう?そう「bien = 上手に」話すのです。ところで、「上手にフランス語を話す」ってどういうことを意味しているのでしょう。
発音をきれいに話せることでしょうか?語彙を豊富伝えられるということでしょうか?文法的に間違いがないフランス語を使うということでしょうか?美しい洗練された構造の文を作りながら話ができるということでしょうか?これらすべての要素をすべて兼ね備えているということでしょうか?
どの「話し方」を parler bien と呼ぶかは、話者が考えることなのです。少なくとも、問われたら説明できなければいけません。
その時に使う副詞 bien を最上級にすると Elle parle le mieux français (de toute la classe). となります。

2. の Elle parle le meilleur français de toute la classe. の元になっている文は、Elle parle un bon français. ですね。不定冠詞 un なので「相応しい=(他になく)まさにピッタリの」という意味ではなく、話者が bon だと評価をしているのです。
カッコいいフランス語なのでしょうか?リズムが素敵なフランス語なのでしょうか?語彙の種類が多いフランス語なのでしょうか?俗語を使っていない恥ずかしくないフランス語なのでしょうか?少なくとも un bon français という組み合わせで「発音」に言及することは難しでしょうね。
どの「話し方」を parler un bon français と呼ぶかは、話者が考えることなのです。少なくとも、問われたら説明できなければいけません。
その時に使う形容詞 bon を最上級にすると Elle parle le meilleur français (de toute la classe). となります。

見た目はそっくりでも、
Elle parle bien français.Elle parle le mieux français de toute la classe.
Elle parle un bon français Elle parle le meilleur français de toute la classe.
なので、最上級の元にあるフランス語は別のもので、伝えたいことは違うはずです。
似ているけど違う、違うけど見た目はそっくり、おもしろいですね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する