FC2ブログ

今日覚えたい文法

冠詞の重要性

Alors, tu arrives bientôt ? Tu dois trouver facilement mon appartement avec mon plan ?
もうすぐ着く?ぼくが書いた地図があるから、家は簡単に見つかるはずだよね?

(独り言)
avoir の後に mal って言うと「苦労する」って意味だったよなあ。
今見つからなくてめっちゃ苦労しているから、現在形でいいはずだよな。mal って男性名詞だっけ、女性名詞だっけ?わからないから、省略してしまえ。きっと通じるだろう。
よし!
Non absolument pas. J'ai très mal !
ううん、全然。めっちゃ苦労しているよ(←のつもり)

Qu'est-ce qui t'arrive ? Arrête-toi et appelle le SAMU !!
どうしたの!?車停めて(歩くの止めて)救急車呼びなよ!
---
何が起こったのでしょうか。
冠詞をおろそかにしてしまったので、発言が全く違う意味として伝わってしまったのです。

avoir du mal à 動詞の原形
= 〜するのに苦労をする
この構造の冠詞を飛ばしてしまい「正確に」使わなかったことで、誤解されてしまったのです。
「痛み mal」 には必ず冠詞(もしくは冠詞相当語句)が必要です。言い換えれば名詞を「裸」で使うことはできないのです。

したがってこの場合は、
J'ai du mal (à trouver ton appartement).
というべきだったのですね。

とても苦労をしている場合には
J'ai beaucoup de mal... と言えばいいですね。

一方 j'ai mal という表現も存在します。
avoir mal à 体の部位
= 〜が痛い

冠詞がないことからもわかるように、この場合の mal は形容詞的なのです。したがって「とても痛い」と伝えたい時には très をつけることができます。

J'ai très mal à la gorge.
喉がとても痛い。

「めっちゃ痛い!」と伝わってしまったのですね。
たかが冠詞、されど冠詞、です。
(一部の例外を除いて)「裸で名詞は使えません」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する