FC2ブログ

今日覚えたい語の使い分け

(服を)着る


辞書で見ると下記の語が候補に上がっています。

mettre
porter

s'habiller
être habillé(e)

どう使い分ければいいのでしょう?


まず mettre / porter グループと s'habiller / être habillé(e) のグループに分けられます。なんのグループ?

それぞれの動詞の意味はそれなりに近いので、意味による分類ではありません。
connaitresavoir の区別も同じです。似た意味を持つ動詞の使い分けを考える時に「意味」から考えると疲れてしまいます。
そりゃそうですよ。「似ている」からこそよくわからないのに、それをなんとかして分類して理解しようとするのですから。

こんな時に考えるのは、まず意味による区別ではなく「形(≒構文)による区別」です。


mettre / porter直後に名詞(直接目的語)が必要です。必ず名詞を置かないといけません。「必ず」です。

もう一方の s'habiller / être habillé(e)直接目的語を取ることができません。名詞を後に置けないのです。


次に意味の区別をしてみましょう。
「mettre 名詞」「〜を置く」という変化を表します。そこにないもの(名詞)をこれから置く、のです。

(寒いので)これからフリースを着る
Je vais mettre un polaire.
(寒いので)フリースを着た。
J'ai mis un polaire.
(裸なので)「パジャマを着なさい!」
Mets ton pyjama.


「porter 名詞」「〜を身につけている」という状態を表します。いまそこに(名詞)は置かれていて身につけている、のです。

(寒いので)いまフリースを着ている
Je porte un polaire.
(寒いので)フリースを着ていた。
J'ai porté un polaire.
(寝る時には)「パジャマを着ている」
Je porte mon pyjama pour dormir.


直接目的語を取ることができないグループでもこの区別があり、s'habiller変化 être habillé(e) 状態を表します。

(お風呂上がりで寒いので)これから服を着る
Je vais vite m'habiller.
(お風呂上がりで寒いので)服を着た
Je me suis vite habillé(e)
(裸なので)「服を着なさい!」
Habille-toi.

(お風呂上がりで寒いので)もう服を着ている
Je suis déjà habillé(e).


s'habiller être habillé(e) はこれ以上応用はできないのでしょうか?

いやいやそんな事はありませんよ。
おっと、こんなに長くなってしまいました。
続きは明日です!

A suivre...

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する