FC2ブログ

今日覚えたい文法

文には(命令文を除いて)必ず主語があって、「多くの場合」その主語が動詞の行為主なのです。

「いつもじゃないの?」


確かに、
Il vient ce soir. といえば、「彼が今晩やって来る」ということですが、必ずしもいつも il が前出の名詞の代わりをして、次の動詞の主語(≒行為主)であるとは限らないのです。

代表的なものは非人称と言われる il で始まる文です。
「わかっているよ」という声が聞こえてきそうですが、知っているつもりのことでも一度整理をすれば、理解が深まることもあるのです。


1.
Il pleut fort. 雨が激しく降っているね。
Il fait déjà 30 degrés. もう30度もあるよ。
天気・天候の il は構造上必要なので飾りで置いてあるだけです。ということは、無くても大きくないかに影響を与えるわけではないので、話し言葉ではil fait...il ごと省略されることがあります。(ただ決して上品なフランス語ではありません)


2. 
Il faut 名詞/動詞の原形
Il vaut mieux 動詞の原形
これも場合によっては省略されます。もうおわかりですね。上記の「天気・天候」の表現と同じ考えです。何かの代わりをしているわけでなく、構造上必要な「お飾りの主語」なのです。


3.
Il est 形容詞 que 名詞 + 動詞...
Il est important de réviser la leçon avant la suivante.
次のレッスンまでに授業を復習するって、大切です。
Il est probable que les Jeux Olympiques seront annulés.
オリンピックはおそらく中止でしょう。

文頭の il は「形式主語の il」と呼ばれることもあります。一旦仮に主語を立てて、種明かしは de / que 以下ということです。


il と見たらすぐ「彼」と脳内変換をしてしまうそこのあなた!
一旦立ち止まって考えてくださいね。スピードは大切ですが、早とちりは禁物です。思い込むとその思考がだんだん消せなくなるお年頃ですから。ぼくはね...

文を作るには動詞を司る名詞が必ず必要なのです。ただの名詞にいつも積極的な意味があるとは限らないのです。


ではこれはどうでしょう?

Il vient peu de touristes au Japon cette année.
答えは、辞書の中にありますよ。

主語の位置に名詞がないことだってあります。えっ?
おそらく明日はそんなお話です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する