FC2ブログ

今日覚えたい発音

音声認識入力にチャレンジしてみよう!


iPhone でも google でもなんでもいので、フランス語の音声入力にチャレンジしてみましょう。

わたし発音が苦手だからという人も試してみたら「案外できた!」ということもありえるのです。
「ダメだった」という人も、うまくいかないには必ず理由があるのです。


うまく認識されない代表がje vs tuですね。
(いつもというわけではないですが)je [ʒə]tu [ty] という発音記号なんですが、今日話題にしたいのは母音ではなく子音です。[ʒ] vs [t] ということです。

[ʒ]有声音(声の音)[t]無声音(息の音)という違いはあるのですが、実はそこは今から述べることに比べると重要度は低いのです。有声音⇔無声音は様々な理由により入れ替わったりするので、必要以上にこだわる必要はありません。


[ʒ]舌が関与しない音[t]舌が歯の裏に当たる音なのです。 ここがポイントです!


je といっているつもりなのに tu と認識されてしまう人は、おそらく「舌の関与が問題なのです!」je connais と発音しているつもりなのに tu connais と認識されてしまう方は、実は多くいらっしゃると思います。
歯の裏にあたってはいけない舌が、きっとあたってしまっているのです。

逆パターンの、tu と言っているのに je と認識された」という日本人は殆どいないであろうと想像します。


試しに je ではなく「シュ」と言ってみてください。je connais の時にシュ connais」と発音してみるのです。きっとうまくはずです。← 「シュ」と発音すれば、舌が歯の裏に当たらないでしょ!
しかも朗報です!早口で話しているフランス人はシュ connais」と言っている可能性だってあるのです。

この2単語の認識に関しては、母音よりも子音における「舌の関与」が問題だと思いますよ。

お試しあれ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する