FC2ブログ

今日覚えたい文法

Est-ce que tu es contente que ton mari revienne de France après 2 mois de confinement ?
- Oui, je _______ suis vraiment contente.


下線部に代名詞を入れて、文を完成させてください。

さて、今日は本当に答え合わせをします。


半数の方はなんとなく J'en suis contente と聞き覚えがあったので、EN を入れたのではないでしょうか。
もう半数の方は contente QUE なので、que 以下を受ける中性代名詞の用法があるので、 Je le suis conente としたのではないか、と想像します。


正解は...
J'en suis contente. です!


「あれ?tu es contente QUE ... を受けているから le じゃないのですか?」

être 形容詞 de という構造を取る表現はたくさんありますよね。

être content / satisfait / triste / désolé / sûr / certain... + DE
きりがありません。


Je suis triste de ne pas pouvoir partir cet été en France.

これらは後ろに「文」の要素を従える場合は que というクッションを挟みます。

Je ne suis pas sûr que tu puisses partir cet été en France.


ここからは解説のためのことばなので、言語学的または歴史的な説明とズレている可能性があります。
いいのです、わかっていただけてフランス語の表現を使えるようになれば。


表現の基本はおそらく「名詞を従える場合」だと思うのです。
動詞 commencer は「commencer 名詞」「commencer à 動詞の原形」の2つの形が存在します。
間違いなく名詞を直接目的語にとる表現が基本で、「à 動詞の原形」は名詞の代わりというか、その表現を応用したものなのです。(英語で呼ばれる「to 不定詞の名詞用法」です)


「形容詞 DE」の用法も de があるのが基本で、文という要素で原因を説明したい時に que というものをしかたなく持ってくるのでしょう。

その表現が本質的に持っている形を「代名詞化」するのだと考えてみましょう。

それは後に「名詞」を従える場合です。
したがって、形容詞 DE という表現が可能な場合は、いつでも en になるのです。


また、こんな考え方もできます。

Je le suis contente. だと、形容詞の代わりをすることができる le の用法があるために、le vs contente と形容詞がダブって感じられます。


Tu te souviens QUE nous avons visité Pérouges il y a 30 ans par là ?
- Oui, je m'EN souviens très bien.


Tu es au courant QUE notre cantine a fermé ses portes au public à cause du Covid-19 ?
- Ah, bon !? Je n'EN étais pas du tout au courant. Quel dommage...

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する