FC2ブログ

今日覚えたい表現

combien de 名詞


おなじみの「数」を尋ねる表現です。「いくつの〜」ということです。

思いつくことを書いてみます。


1. 数を尋ねているということは、当然ながら複数形の答えも想定しているはずですね。むしろ複数形の答えが来るであろうと思うから「いくつ」と聞いているのでしょう。
という訳で、「combien de 名詞複数形」が正しい使い方です。

Combien d'amis francophones avez-vous ?
Combien de trottinettes as-tu ?
- J'en ai deux. L'une pour chez moi et l'autre pour le bureau.


2. 数を尋ねているということは、「数えられないものを表している名詞」とは、原則的に使えないということです。

combien de courage, combien d'ambiance, combien de soleil... かなり特殊は場面を無理やり作らないと、使えません。

一方 combien de cafés などは「注文をする=数を伝える」のですから、問題なく使えますよ。

Alors combien de cafés au total ?
- Donc, apportez-nous 3 cafés et un déca, s'il vous plait.


3. famille, monde, peuple, personnel のような「単数形でグループ全体」を指し示している名詞を「集合名詞」と呼ぶことがあります。
文法的には Vous avez combien de familles ? という文は成立するのですが、伝わることはつぎの通りです。

確か奥さんが何人かいて、それぞれ子供がいたよねえ。全部で家庭はいくつあって、みんなを養っているの?

家族の数を尋ねているのではなく、「家庭の数」を問題にしているのです。

お土産のケーキを買うために家族の数を知りたい場合には、
こんな風に尋ねてみましょう。

Vous êtes combien chez vous ?

Vous êtes combien ?「人数」を尋ねられます。レストランの入口で、聞いたことがあるはずです。


あっ、まだ書きたいことがあったのに、長くなってしまいました。

ここで宿題です。
日常使う表現で、例外的に「combien de 単数名詞」が成立する名詞が2つあります。

考えてみてください、探してみてください。
答え合わせは明日です。

À suivre...

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する