FC2ブログ

今日覚えたい文法

ne 〜 nulle part
場所の副詞


まず考えてみましょう。
「副詞」ってなんでしょう?

品詞論は好きではありませんが、学習する時に使う用語の「共通認識」を持っていなければ、共通理解は難しいですからね。

新明解国語辞典(三省堂)を引いてみましょう。

〔文法で〕おもに動詞を修飾する品詞。

なるほど。チョット定義がシンプルすぎますが、わかりやすいですね。「動詞を修飾する」のです。


フランス語文法においては、少し注意が必要かもしれません。

Je cours ici tous les jours.
Je vis avec mes enfants depuis 10 ans.
Je vois un millepatte (=un mille-pattes) .

上記の3文において ici 「副詞」と呼ばれます。

ici や là は文構造の一部ではなく、主語や目的語、補語の役割を持っていません。
一言で言えないのですが、誤解を恐れずに言えば「副詞とは、なくても文構造に影響を与えない語 ≒ 文法的に成立する」と言えるでしょう。
(もちろんそう言い切れないことはわかっていますので、ツッコまないでくださいね)


Je cours tous les jours.
Je vis avec mes enfants depuis 10 ans.
Je vois un millepatte.


さあここで、GWへ向けたわたしたちの決意です。

Vous partez où, pendant la golden-week ? Tu pars chez tes parents, comme les autres années ? 
- Pendant la golden-week ? Non, je ne pars pas cette année. Je ne pars nulle part. Je RESTE chez moi.


上の対話を見てもわかるように、文法的な価値は
partir où / chez tes parents / (ne) nulle part は同じなのです。


ということは、そう visiter nulle part とは言えないのです。
visiter の後には「名詞」が来ますからね。


GW という語は「日本文化にいるフランス語話者」にしか理解をしてもらえません。ということは、実際には「役立たず」な語なのです。

GWはお家にいてフランス語でも勉強しませんか?
良い講座があるのですよ。みなさん!!!

結局宣伝かいっ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する