FC2ブログ

今日覚えたい「正しい」語の使い方

「発音」「読み方」の違い。

YouTube やいろいろなサイトなどで頻繁によく見かけるのです。

「フランス語の発音の仕方」
「フランス語の発音のための…」


ここは au と書くから [o] と発音して、ここは an と書くから [ɑ̃] の鼻母音で発音をして、単純未来形は ai で終わるから狭い方の [e] で発音、条件法単純形は ais が語尾だから [ɛ] と広い方で発音される。

よく読んでみると(よく見てみると)その大半は「発音」の話ではないことに気づきます。

「発音」て書いてあるよ。発音じゃないなら、じゃあなんの話?

新明解国語辞典で「発音」の記述を確認します。

声帯の振動、唇の形や歯と歯の間隔や舌の位置などによって種種の音声を出すこと。また、その◃人(社会・地方・時代・言語体系など)によって違う 音声の出し方。

「音声を出すこと、音声の出し方」なのですね。話題にするべきなのは「出し方→出てくる音」なのです。

一方、多くのサイトが「発音」と謳っているのは、著者が伝えたいのは「音」ではなく、「文字をいかに音に読み替えるか」ですね。これは「読み方」です。


言語というのは先に音声がありきなので、「こう書いているからこんなふうに発音するべき」というよりも、「この音を発音しているから、様々なこと(文の中での役割や、歴史など)を考慮に入れてこう綴る」と考えていたほうが、諸々の音の変化の現象に説明がつくし、納得ができるのです。


もう一度書きます。
発音は「音声を出すこと、音声の出し方」なのです。


何気なく使っている語の解釈がずれていると、理解の齟齬が生じることがあります。
単語、言葉、言語。このあたりの単語を正しく使い分けて「フランス語」の話をしましょう!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する