FC2ブログ

今日覚えたい文法(表現)

〜で済ます
〜なしで済ます


昨日の記事に登場した表現を確認しましょう。

J'ai déjeuné d'une simple soupe.
ちょっとしたスープで、ランチを済ませました。

J'ai dine d'un sandwich.
夜はサンドイッチで済ませました。


この表現の「反対」(〜なしで済ます)の表現を探してみましょう。

「〜なしで」sans が思い浮かびますが、「済ます」に相当するフランス語はないようです。「済ます」って少しマイナスのニュアンスを含む、不思議な日本語ですよね。


ここはズバリ、フランス語の定番表現 se passer de でしょう。


Mon frère ne peut pas se passer de son ours en peluche.

弟はぬいぐるみのクマを手放せない。
(=弟はぬいぐるみのクマなしでは、生きていけない)


この表現を使う時には注意が必要です。
「決まったものがなくていい」と言いたい場合は、定冠詞や所有形容詞で問題ないのですが、「朝ごはんにはヨーグルトが欠かせない」「音楽はなくても大丈夫」と言いたい場合は、特にあのヨーグルトやあの音楽と言っているわけではないので、定冠詞は使えないのです。

Il faut du yaourt pour le petit-déjeuner.
Même s'il n'y a pas de musique, ça ne me pose pas de problème.

上記の文のように、de を含む冠詞が使われるのです。


se passer de にはそもそも前置詞 de が含まれているので、例のルールが適応されます。

de(前置詞)+ des / du / de la...(de を含む冠詞)→ 冠詞を省略

という訳で、


Je ne peux pas me passer de yaourt pour le petit-déjeuner.
Je peux me passer de musique.

となります。


もちろん、de を含んだ表現なので、

Tu peux te passer de pain au petit-déjeuner ?
- Ah non, je ne peux pas m'EN passer.

という代名詞化が行われます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する