FC2ブログ

今日覚えたい文法

avant vs jusqu’à
(本来は jusque + à なのですが、それは別の機会に)


31日までに食べてくださいね。
Vous devez consommer avant le 31
× Vous devez consommer jusqu’au 31


一般的には、avant は「〜までにjusqu’à は「〜まで」と訳されますし、特に問題はありませんよ。
という訳で、「31日までに」という日本語に対応しているのは、上記の文では avant が正解ということです。


「avant + 時間(の締め切り)」は、その時点を最後としてそれまでに(一度)〜をする、ということを伝えます。
一方「jusqu'à + 時間(の締め切り) 」は、その時点を最後としてそれまで継続して〜をする、ということを伝えます。


もし Vous devez consommer jusqu’au 31. と言ったり書いてしまったら、31日までずっと「食べ続けない」といけない、と伝わってしまうのです。
(そういう解釈でよければ、これもまた正解です)


では助動詞を変えてみたら、どんな面白いことが起こるでしょうか。
pouvoir にしてみましょう。

Vous pouvez consommer avant le 31.
Vous pouvez consommer jusqu’au 31.

どちらが自然な文なのでしょう?


Vous pouvez consommer avant le 31.
??31日までに食べることができます。
なんだか変な日本語ですね。日本語に不慣れな人が話しているみたいです。


Vous pouvez consommer jusqu’au 31.
31日まで食べることができます。
こっちは自然な日本語です。


しかし!フランス語は「両方自然なフランス語」です。
なぜそんなことになるのでしょう。


jusqu’à の方は、こう考えます。
31日までずっと「食べることができる」という状況が継続する、のです。
Vous POUVEZ CONSOMMER jusqu’au 31.


avant の方は、わたしはこう考えます。
「31日までに食べる」ことができればいつだって問題がない、というわけです。
Vous pouvez CONSOMMER avant le 31.


言葉を使えるようになるのに必要なのは、「訳をする力」ではなく「感じられる」ことなのです。
そのためには「多くのフレーズに触れて2次的な感」を養うしかありません。

「たくさん聞いて話しましょう」ではなく、
「たくさん聞いて、それを覚えて、それを使いましょう」です!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する