FC2ブログ

今日覚えたい読解&ジェスチャー

例の子供向けのサイト "1jour1actu" にこんな文章がありました。


Tout d'abord parce qu'elle assez « proche » de nous. TOI 700 d est située à environ 100 années-lumière de la Terre, soit 1 million de milliards de kilomètres. Une distance gigantesque… Mais, si l'on considère l'ensemble de notre galaxie, c'est en fait une voisine !


今日取り上げたいのは « proche » の箇所です。
ざっと確認したのですが、文法書にも記述がないようです。
確かに「文法」ではないですから、当然です。


« 単語や表現 » は書き言葉によく見られる表現方法で、「本当はそうではないのだけれど」「百歩譲ってそう言えなくはない」「そういうふりをしている」... といった時に使うのです。


地球から100光年(100 années-lumière de la Terre)って果てしない距離(時間)ですが、宇宙レベルの話だと「近い」と言えなくはないですよね。
1光年って、光が1年かかって進む距離ですよ。(光は1秒間に30万キロメートル=地球を七周半進む)「遠い」のさらに上位概念を表す形容詞が欲しくなります。

こんなふうに「あえていえば近い、と言えなくはないかもしれないけれど...」こんな場合に « 単語や表現 » と書くのです。


これは話し言葉でも応用が可能です。
話しているときに、左右の手のひらを顔の前に30センチくらいの感覚で広げて、話し相手に向けた状態で、人差し指と中指を立てて「クニクニ」と2回くらい折り曲げる動作をします。指で « » を示すわけです。そのときに音声で伝えられている「語や表現」を、指で囲ってしまうという作戦です。


Hier dans un café, j'ai vu un « prof de français » donner une leçon. C'était n'importe quoi !
昨日カフェで、「フランス語の先生」がレッスンをしていたんだけど、もうむちゃくちゃ!


ぜひお試しください。

En savoir plus :

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する