FC2ブログ

今日覚えたい語彙

地下鉄 vs メトロ


21世紀の日本では、「地下鉄」「メトロ」も同じものを表す語として認知されていますね。

(本当は別物ですが)「サイト」と「ホームページ」
「チラシ」と「フライヤー」、「百貨店」と「デパート」...

枚挙に暇がありません。

フランス語でも全く同じようなことがあるのです。


un posterune affiche
un ordinateur un PC
un kleenex un mouchoir en papier
des tennis
des chaussures de sport


なんたって冷蔵庫に至っては、
un frigoun frigidaire un réfrigérateur
3つもあります。


誰もが自分の母語に関しては、普段は意識をすることなく無関心でいられるので、学習者であるわたしたちは「フランス語って面倒くさい」と思ってしまいます。

いやいや、もちろん日本語にだってありますよ。


辞書 ≒ 辞典 ≒ 字引
教科書 ≒ テキスト ≒ マニュアル
老眼鏡 ≒ シニアグラス ≒ お手元メガネ ≒ リーディンググラス


自分の口をついて出てくる語は1つでいいのですが、他の人が発した「同じ意味の語」を「なにそれ?」と思う事態は避けたいのです。


先生はいつも un frigo と言います!
→ 先生という職業は、生徒に対して必ず「忖度をする」職業なのです。


教科書に書いてありません!
→ 教科書は著者の「好み」で語が選択されるものなのです。
もしくは「汎用性が高く」「正しい」ものしか使われないのです。


un pull(セーター)を習っても un polaire は習わないし、un chapeau は習っても un bonnet は習わないのも、une fenêtre は習っても un vitre を習わないのも、「汎用性」と言った観点からみて、著者が語が選択しているからなのです。


enrichir son vocabulaire にはこんな考えも必要です。
学習は続きます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する