FC2ブログ

今日覚えたい動詞の活用

基本動詞の現在形を言う反射神経


今から基本動詞の原形(不定形)を書きます(言います)。
それを1秒以内に「え〜っと」なしに、je (一人称単数形)の(直説法)現在形に活用して言ってください。
書くのではなく「発音」してくださいね。

ではスタートしますよ。


oublier


↓↓
↓↓↓
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓


étudier


↓↓
↓↓↓
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓


créer


↓↓
↓↓↓
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓


jouer


↓↓
↓↓↓
↓↓↓↓
↓↓↓↓↓


できましたか?
一秒以内がポイントです。

何秒も考えたり、綴りを考えて空中で書いた文字を読んでみたり、何回か言い直しているうちに「正解」にたどり着くのでは、それは「できない=使えない」のです。

一回目に発した音と掛かった時間が、残念ながら今の実力ということです。


oublier, étudier, créer, jouer… これらの動詞に共通することは、- er の直前が「母音」ということですね。気づいていましたか?
活用語尾の最後の文字 e は発音しないため、直前のその母音で現在形の活用の音は終わらなければいけません。


oublier [bli]
étudier [di]
créer [kre]
jouer
[ʒu]


最後に無駄な「エ」の音を付けてしまった方は、「半過去形」の活用を言ってしまったのです。


Je joue au tennis tous les weekends.
[ʒə-ʒu] であって [ʒə-ʒwe]でないということです。


(昔)やってましたあ。
(以前)フランス語を少し話していました。
(かつて)大阪に住んでいました。

最後の母音を「エ」で言っちゃうと、上記のような理解になります。
いやあ、よく耳にします。


現在形が正しく俊敏な反射神経で活用できれば、他の活用形は簡単です。
特に「単純未来形」や「条件法単純形」なんてお茶の子さいさいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する