FC2ブログ

今日覚えたい文法

"être en 〜" を考えてみよう。


être en vie
être en pyjama
être en avance
être en couple
être en vacances
être en cours...


列挙してみると、止まらなくなりそうです。
それだけ数多くの表現があるということです。


On n'entend plus parler du chanteur X, mais il est en vie.
あの歌手の噂は聞かなくなっちゃったけど、まだご存命だよ。


On frappe à la porte, mais je ne réponds pas. Je suis en pyjama.
ドアがノックされているけど、パジャマだから出ないでおこう。


Je suis en vacances jusqu'à la fin du mois.
月末まで休みをとっています。


Je suis en couple avec un homme plus jeune que moi de 10 ans.
10歳年下の彼と付き合っているよ。


わたしはこう考えます。

en という前置詞は、元々は dans だったのです。ということは「〜の中」という意味ですね。
「中にいる」ということは、時間や状態を伝える前置詞と捉えた場合、「いつか終わりがある」ということだと考えられますね。


反対の表現を考えてみましょう。(言語学の研究でよくやる手法です)

être en vie  être mort(こちらは終着点がありません)
être en pyjama(いつか着替えますね)
être en vacances  travailler tous les jours(定年まで、「際限なく」働かなければいけません)
être en couple  être séparé
(もしくは)être marié(終わりはこない予定ですね)


こんな表現の違いでも説明ができる様な気がします。

Mon père est en blanc et ma mère et en noir.
父は白い服を来て、母は黒い服を着ています。


Mon père est blanc et ma mère et noire.
父は白人で、母は黒人です。


一時的な状態・状況を表す表現には en が登場して、「変わらない」状態・状況を表す場合には「形容詞(過去分詞)」が使われることが多いようですね。

ご参考までに。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する