FC2ブログ

今日覚えたい文法

助動詞 devoir


devoir を手元にある仏和辞典、仏仏辞典で片っ端から引いてみました。
衝撃の事実を発見しました。みなさんも今辞書を引いてみてください。devoir に書かれていると思っていることがない!と思いませんでしたか。


「助動詞」なんて文字がどこにも見当たりませんね。
どの辞書にも「(他)動詞= verbe」と記述されています。


そうなのです。フランス語の辞書は「助動詞」を認めていないのです。一方では、ほとんどの文法書には「助動詞」というコーナーがありますね。

これでは学習者は混乱してしまいますね。
大事なことは学習する上で名称は知識の整理をするために必要なのであって、混乱をきたすのであれば本末転倒ですね。

「devoir + 動詞の原形」がこの語の主な用法である

この事実だけを覚えればイイのです。
名称なんて気にする必要はありません。


さて、どんな意味で使われるのでしょう。

プチロワイヤル仏和辞典を引いてみましょう。

devoir 他動
A ⦅devoir+ 不定詞⦆

…しなければならない(← 義務、必要)

 Nous devons attendre.
私たちは待たなければならない

…してはならない (★否定形で)(←禁止)
 Tu ne dois pas y aller.
そこに行ってはいけない

…するにちがいない(推量、推定、可能性)
 Il doit être en colère.
彼は怒っているのにちがいない

…することになっている(未来、予定)
 Elle doit revenir à trois heures.
彼女は3時にまた来ることになっている


この3つの用法と意味を覚えておけば、たいてい問題はないはずです。

これ以外に日常欠かせない用法がもう1つあります。
明日はその話です。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する