FC2ブログ

今日覚えたい文法

接続詞 "si"

一般的に「もし〜ならば」と訳されることが多い接続詞 si にはあまり知られていない用法があるのです。
(これ書いていないのかなあ、調べてもわからないのでこのまま書いてしまいます。過去の記事と重複(ちょうふく)していたら読み飛ばしてください)


事実を語る "si" ってご存知ですか?

まずこんな形で使われる「理由・原因・目的」を伝えるための用法です。


(天気がいいのに出かけないの?と問われて)
Si je ne sors pas demain, c'est (parce) que j'ai plein de choses à faire.
出かけないのは、することが山ほどあるからなのです。


(遠くまで雨の中をわざわざ会いに来てくれた彼氏が)
Si je suis venu te voir sous la pluie, c'est que tu m'as beaucoup manqué et que je t'aime.
雨の中きみに会いに来たのは、会いたかったからだし、愛しているからだよ。


(彼がなぜ来なかったの?問われて)
S'il n'est pas venu, c'est qu'il a eu un empêchement.
彼が来なかったのは、急用ができたからです。


(なんでそんなにしょっちゅうフランスに行くの?と問われて)
SI je pars souvent en France, c'est pour pratiquer le français.
頻繁にフランスに行くのは、フランス語で話すためです。


対比や対立という用法もあります。


Si la France a ses charmes, le Japon a les siens.
フランスにはフランスの良さがあるが、日本にも日本の良さがあります。


S'il parle bien, il pense mal.
口は達者だけれど、考えることはお粗末だなあ。


S'il est intelligent, il est moche.
頭はいいけど、素敵じゃないよね。


知っていると思っている語でも、辞書を開く度に毎回発見がありますよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する