fc2ブログ

今日覚えたい文法

 interpeller

interpeller という語は本来は「ペレ」と発音されていたと推測されるのですが、長い後の歴史の中で p の後の母音が(ほとんど)発音されなくなり、近年は「プレ」もしくは「pレ」と発音されているのです。

一方「レ」というしっかりした音が続く場合は p の後の母音はちゃんと「ぺ」と発音する必要があります。
J’interpelle un passant.
Je m’appelle Jun.

人間にとっては視覚から得る情報が大半を占め、普段使っている音をも歪めてしまうことがあるようです。
un(e) poêle て正しく発音できますか?
le vin moelleux はどうでしょう。

どちらの語も moi [mwa] と発音するのが正しいとされていますが、時々ネイティブの「pウェl」「mウェleux」という発音を耳にします。文字から得る情報って大きいのですね。
oignon も20人に一人くらい「ワニョン」と発音している気がします。(le Ciel フランス語教室調べ)

そう、人々が文字を目にする機会が増えた結果だと思うのですが、一部のネイティブが脳にある音を引き出すのではなく文字を読んでしまい「interペレ」と発音をしてしまっているようなのです。
そうこれがラテン語への「原点回帰現象」なのです。

その結果、interpeller に2種類の音が存在するという結果を招いてしまったのですね。
ちなみに Académie française は正しい音は「pレ≒プレ」だとし、音につづりを合致させるべく、1990年には interpeler というつづりも認めています。
これは正しい修正でしょうね。
昨日の記事と合わせてお読みくださいね。
ご参考まで