FC2ブログ

今日覚えたい文法

「冠詞」


なんだか冠詞の話を書くと「いいね!」が多いので、調子に乗って書いてみます。

日本語と同じように(← ココ重要です)フランス語には多くの慣用句があります。
その多くの表現の「冠詞あるナシ」も、一般的な冠詞の解釈で説明できます。


Il est fier comme un paon.
(孔雀のように)自慢気である

Il est gros (gras) comme un cochon.
(豚のように)太っている

Elle mange comme un cochon.
(豚のように)下品に食事をする ← 豚さん、かわいそうですね

Je suis myope comme une taupe.
(モグラのように)近眼である

Elle parle français comme une vache espagnole.
(スペインの牛のように)フランス語が下手だ。
これは元々 comme un Basque だったのですが、いろいろあって「音が近い」という理由で、un Basque → une vache に変わったようです。


これらの表現から見えるのは、自慢気な孔雀、太った豚、(漫画のようなメガネを掛けた)近眼のモグラ、フランス語が下手なバスク人、ですね。
それら(彼ら)を適当に「一人・1匹」取り出して、それと主語が同じように〜だ、と説明しているのです。


次の表現はどうでしょう。

Il pleut comme vache qui pisse.
(牛のおしっこのような大量の)雨が降っている

Je crois dur comme fer.
固く信じている

C'est bête comme chou.
(問題などが)とても簡単だ


ここに見られる comme + 無冠詞名詞 「イメージ」なのです。具体的に任意の何かを持ってきて、それと同様に〜である、と言っているわけではないのです。


vache qui pisse 大量である
comme fer 固く
comme chou
ばかみたいに(19世紀ではキャベツは「人の頭とおしり」に例えられていたようです。頭=おしり=キャベツ を同じと捉えて「働かせないで付いているだけ」という類推になったようです。現代では人には使いません)


最後にこんな表現です。

Il est connu comme le loup blanc.
(白い狼のように)皆に知られている。

山から狼が降りてくると、家畜に被害が出るのではないかと村人たちが「狼が来たぞ!」って口々に噂をしていったのです。それがあっという間に村中に知れ渡った頃には、「村人全員の共通認識」となっているわけです。
「共通認識」の le なのです。
19世紀になってより個体が少ない「白い狼」という表現に変わったようです。


冠詞があったりなかったりって、厄介ですよね。

実はここだけの話ですが...
私の師匠がわが「le Ciel フランス語教室」で特別講座を開いてくださいます。わたしより「鋭く簡潔に」冠詞や動詞の様々な謎を解いてくださいますよ。

ぜひご参加ください。

結局宣伝かい!