FC2ブログ

ひとりごと...

学校・教室といったものは、来てくださる「生徒の皆さん」がいるから成立してくださっているのです。それはわたしたちはよく分かっているつもりです。皆さんが気持ち良くフランス語を学習できるように、できる限りの事をする... それがわたしたち「学校経営者」の役割だと思うのです。よい授業を提供できる良い教師を探すこと、その授業及び教師に生徒の皆さんが愛着を感じてくださり、その教師と共に長く学習を続けてくれること、それに勝る思いはありません。
それを自ら潰すような「自殺行為」は私たちの教室では致しません。もちろん他の学校でもそんな事は無いはずです。「仲間」を自分たちから放棄することはありえないからです。
しかしもし、もしですよ、そんな「教育機関」があって「仲間」をないがしろにされたら断固戦います。私たちの教室を盛り立ててくれる「講師」は宝です。こんな簡単なこと、「学校経営者」ならわかるはずです。