FC2ブログ

今日覚えたい文法

今日から数日間に渡って3月20日(金・祝)&21日(土)で取り上げるテーマの「入り口」を書いてみたいと思います。
(多分今日で最後)


「接続法を使えるようになろう」


A: 接続法って難しいんでしょ。みんなそう言っているし、先生も言ってたし、活用も接続法現在形過去形があってよくわからないし、わたしの周りのフランス人の友達も使わないし。

わたし:それは大きな誤解ですね。接続法ほど「楽な」動詞の形はないですよ。


日本人が「難しい」というのはみんなの癖ですね。フランス語を習い始めたときも「活用難しい」とか「書かれたものがすぐ発音できない」と思いませんでしたか?初期の段階で難しいと思っててた活用形は「現在形」で、今話題にしているのは「接続法」ですよね。接続法は現在形の100倍簡単ですよ。ただし「現在形を覚えていたら」の話です。いや、現在形と接続法の活用を覚える手間を単純に比較しても、後者に歩がありますね。


すぐに読めないと言うならば英語のほうがもっと読めないですよ。put vs but、now vs Know、knightの読み方… どれをとっても超一級の難しさです。英語は「知っているから読めるのです」

「難しい」と言ってはいけないのは教育の鉄則です。その先生と話し合ってみたいものです。


接続法現在形過去形は日本語とほぼ100%の対応をしていますよ。

パリにやっと行け「る」んだね、よかった。
接続法現在形を使います。

パリにやっと行け「た」んだね、よかった。
接続法過去形を使います。


周りのフランス人が「あなたに話しかける時に」接続法を使わないのでしょう。それはズバリ「日本人だから忖度をして」話しているのです。その人が別のネイティブと話している時の言動を観察してみてください。映画やお芝居のシナリオを読んでもいいかもしれません。数多く使われていますよ。


最後に、一部の表現では本来直説法だった表現が、最近では接続法と組み合わされる現象が観察されます。要するに、接続法は減るどころか増えているのです。
おそらく今後も増え続けると予想されます。

そんな接続法について更に学びたくなるような講座が3月20日&21日に開講予定です。
参加したくなったでしょ?

結局宣伝かっ!

今日覚えたい語の使い分け

personne, gens, monde


今日から数日間に渡って3月20日(金・祝)&21日(土)で取り上げるテーマの「入り口」を書いてみたいと思います。


・3月20日(土)14時30分〜16時
「どう違う?どう訳す?」


どれも「人」という訳語が付きやすい語ですね。
どう違うのでしょう?

フランス語の単語を捉えるときは「訳語」ではなく「語が持つ意味・本質」で捉えるようにしてください。
その本質は「例文」に出ているのです。


まず personne です。3語の中でこれだけが、単数形にも複数形にもなれます。ということは...

そう、「何人か」ということを積極的に相手に伝える語なのです。

Il y a combien de personnes dans la salle ?
- Il y a 5 personnes: 2 étudiants et 3 lycéens.


数える時に使われる、不定冠詞が使われるということは、「具体的」にその対象者を見ているということでもあります。

passer par une tierce personne
第三者を通す


gens
は不思議な名詞です。s は文法的には「複数形」を表しているのに、単数形が存在しません。ということは「人」を個別に見ないでまとめて「人たち」と感じているのです。ということは、個別に数を数えるには向かないということなのです。(数える場合は personne を使います)

いつも複数形で元の形が(あまり)使われないということにおいては、ほんの少し日本語の「子どもたち」と似ています。ほんの少しなので、突っ込まないでくださいね。

Il y a beaucoup de gens là.
人がたくさんいますね。

Les gens sont gentils dans ce pays.
みんなこの国では親切ですね。

これらの例では、「人」まとめてざっくり見ているので、personnes より自然に感じられます。

しかも、現在は男性名詞なのに本来は女性名詞であったために、gens の直前に形容詞が置かれる場合は「女性形」が使われます。
(形容詞を付けた表現の頻度が高い場合は「例のルール(複数形の名詞の直前に形容詞が置かれている場合は、不定冠詞が des ではなく de が使われる)」が適応されずに des のままです)

des petites gens
des jeunes
gens

jeunes gens はどうやらネイティブの中では「1単語扱い」で「若者」を意味しているようで、数えることもあるようです。(ただし単数形は存在しないので、2以上ですが)

Il y avait deux jeunes gens.


では monde は?
ここから先は授業で〜
(♫ここから先は CD で〜、ってのがありましたね)

タネは明かさないから「ワクワク」が続くのです。

結局宣伝かっ!

今日覚えたい文法

今日から数日間に渡って3月20日(金・祝)&21日(土)で取り上げるテーマの「入り口」を書いてみたいと思います。


・3月20日(金・祝)10時30分〜12時
「現在形を制するものは動詞を制す」


acheter の 1人称単数形 je の(直説法)現在形
を言えますか?書けますか?
→ すぐに反応できた人は、単純未来形及び条件法単純形(現在形)の活用が得意なはずです。


finir の3人称複数形 ils の(直説法)現在形を言えますか?書けますか?
→ すぐに反応できた人は、接続法単純形(現在形)の活用が得意なはずです。

faire の1人称複数形 nous の(直説法)現在形を言えますか?書けますか?
→ すぐに反応できた人は、半過去形の活用が得意なはずです。


もちろん活用形を覚えるのは楽なことではなく、それなりの時間やエネルギーが必要なのです。
しかしその活用形の元は、ほとんどが「現在形」なのです。


種明かしをします。
acheter の1人称単数形 je の(直説法)現在形j’achète ですね。
(「えっと」が入らず、1秒以内で言えた人のみ「使える活用形を身に付けている」と言えるでしょうね)

j’achète だから、単純未来形条件法 j’achèterai(s) となるのです。


finir の3人称複数形 ils の(直説法)現在形ils finissent ですね。
ils finissent だから que je finisse となるのです。(← 邪魔な nt は取り除きます)


faire の1人称複数形 nous の(直説法)現在形nous faisons ですね。
nous faisons だから je faisais となるのです。


接続法の活用ができないことを、接続法のせいにしてはいけません。
半過去形が難しいという前に、現在形はスラスラと「順番でなく」欲しい人称の活用形を言えますか?

そんなことを更に丁寧に詳しく説明をして、一気に参加者を「活用形が得意な人」にしてみせます。

事情が許せば、ご参加ください。

今日覚えたい文法(表現)

〜で済ます
〜なしで済ます


昨日の記事に登場した表現を確認しましょう。

J'ai déjeuné d'une simple soupe.
ちょっとしたスープで、ランチを済ませました。

J'ai dine d'un sandwich.
夜はサンドイッチで済ませました。


この表現の「反対」(〜なしで済ます)の表現を探してみましょう。

「〜なしで」sans が思い浮かびますが、「済ます」に相当するフランス語はないようです。「済ます」って少しマイナスのニュアンスを含む、不思議な日本語ですよね。


ここはズバリ、フランス語の定番表現 se passer de でしょう。


Mon frère ne peut pas se passer de son ours en peluche.

弟はぬいぐるみのクマを手放せない。
(=弟はぬいぐるみのクマなしでは、生きていけない)


この表現を使う時には注意が必要です。
「決まったものがなくていい」と言いたい場合は、定冠詞や所有形容詞で問題ないのですが、「朝ごはんにはヨーグルトが欠かせない」「音楽はなくても大丈夫」と言いたい場合は、特にあのヨーグルトやあの音楽と言っているわけではないので、定冠詞は使えないのです。

Il faut du yaourt pour le petit-déjeuner.
Même s'il n'y a pas de musique, ça ne me pose pas de problème.

上記の文のように、de を含む冠詞が使われるのです。


se passer de にはそもそも前置詞 de が含まれているので、例のルールが適応されます。

de(前置詞)+ des / du / de la...(de を含む冠詞)→ 冠詞を省略

という訳で、


Je ne peux pas me passer de yaourt pour le petit-déjeuner.
Je peux me passer de musique.

となります。


もちろん、de を含んだ表現なので、

Tu peux te passer de pain au petit-déjeuner ?
- Ah non, je ne peux pas m'EN passer.

という代名詞化が行われます。

今日覚えたい語の使い方

déjeuner / diner
(déjeuner で記事を書いていますが、diner も全く同じです。)


・déjeuner は動詞優先
「昼食を取る」と言いたい場合は、déjeuner を動詞で使うのが自然です。 prendre le déjeuner の頻度は高くありません。ただし、しっかりとランチをする(ステーキを食べるなど)場合は形容詞が必要なので、prendre un déjeuner solide と déjeuner を名詞で使います。diner も同じです。


・déjeuner は食べない

déjeuner を食べたい場合も manger le déjeuner ということはできません。manger することができるのは、直接口に放り込むことができる「食品名」だけです。manger du chocolat、manger de la viande… が普段の使い方なのです。「ロベール仏和大辞典」に記載がある manger le déjeuner という用法はありません(周りの教師数名に確認しました)。なぜ未だにこの記述が残っているかは謎です。


・déjeuner は自動詞

自動詞とは、名詞を動詞の直後に必要としない、言い換えると、動詞の直後に名詞を置くことができない動詞です。

Je marche tous les matins au moins une heure. marcher は自動詞です。
Je n’ai pas encore mangé ce matin. ← manger の自動詞用法です。
Je n’ai jamais mangé de hachis parmentier en France. ← manger の他動詞用法です。

動詞 déjeuner は自動詞用法しかないので、
déjeuner un sandwich とは言えないのです。


・スープでランチを「済ます」

時間がなくて「スープでランチを済ます」ことってありますよね。こんな場合にのみ、déjeuner と名詞を組み合わせて使うことができます。
ただし先程書いたように、直接目的語を取る用法がないために工夫をしなければいけません。こんな時にはなんでも屋の前置詞 de の力を借ります。

× déjeuner un simple potage(この simple の意味は辞書で確認してくださいね)
○ déjeuner d’un simple potage

ということは、
× déjeuner un sandwich
○ déjeuner d’un sandwich
なのです。


déjeuner や diner が省略されることはないようですが、フランス国内で「朝食」を意味する le petit(-)déjeuner は le petit(-)déj'(「正確」に書けば le petit(-)dèj' かな)のような「音」で省略して使われることがあります。

こんなことを、3月20日&21日の「文法特別講座」で話しますよ。
ぜひ、ご参加ください。

結局、宣伝かっ