FC2ブログ

今日覚えたい文法

所有代名詞を使ってみよう。


私のスマホはあなたのスマホよりもパワーがない。

Mon smartphone est moins puissant que ton smartphone.


2度も「スマートフォン」って言うのって面倒くさいですよね。
フランス語は省略しないから長いし…

日本語であれば「あなたの」で一度出てきた名詞とその所有者を同時に伝えることができますね。フランス語ではどのような方法があるのでしょうか。


そんな時には「所有代名詞」です。

男性名詞単数形の「あなたのもの」ton 名詞 → le tien
男性名詞複数形の「あなたのもの」tes 名詞 → les tiens 
女性名詞単数形の「あなたのもの」ta 名詞 → la tienne
女性名詞複数形の「あなたのもの」tes 名詞 →
les tiennes


注意することが2点あります。
1. フランス語では名詞を文法的に「人とモノ」で区別をすることはありません。il がJean を指したり le Japon を指したり、時には l’air のような実態のないものも言い表せることを思い出してください。le tien が あなたのお父さん、あなたの庭、あなたのカバン… なんでもいいのです。
2. この一連の表現は「名詞」です。したがって、主語にも、属詞にもなりますし、目的語として使うことも前置詞の後に置くこともできるのです。私の知識では、英語の世界では mine は形容詞として機能していたように思えるのです。with mine は言えないんじゃないかなあ。フランス語では avec le mien は全く問題ありません。


Mon smartphone est moins puissant que le tien.
ラクですね。


もちろん場面の中でなんの話題をしているかわかっていれば、音として名詞が使われていなくても突然口に出していいのです。

目の前に高級車が停まっていて、横にいる友人が鍵を取り出して乗り込もうとしたら

C’est la tienne ?

残りの人称の「所有代名詞」は辞書や参考書で確認してみてくださいね。

「使わない文法項目はありません。どれもが同じレベルで使われているので必要なのです。いらない項目は消えてしまっているはずです」

今日増えたフランス語の知識

fletiste

F.L.E.(外国語としてのフランス語)の専門家。教師、専門課程の学生も指す。


知りませんでした。
おそらく使ってみても、F.LE.という単語もフランスでは誰もが知っているわけではないので、更に通じないでしょうね。

FLE も fletiste もargot ですね。
(argot の意味は辞書を引いてみてください)

場面を考えて使わなきゃ!

今日覚えたい文法

主語代名詞 "on" の使い方


何かと便利な主語代名詞 on ですが、使い方をまとめてみましょう。nous の代わりだけで使っているのはもったいないですよ。

まず結論を書きます。
「on はカメレオンです」


1. nous の代わり
これには前提が必要です。
場面の中で、nous の代わりに on を使うということを示しておく必要があるのです。突然 On est... と言ってもどの on の用法なのか、on は何を指しているのかがわからないのです。
例えば、Nous, on est と言うだけで OK ですし、そこにいいるメンバー全員が関わっているんだよというジェスチャーをするだけでもいいですし、目配せでもいいのです。


2. 「誰か」
特に主語を立てる必要はないけれど、フランス語の構造上、主語を建てざるを得ない時に on を用います。特に「誰が」ということを話題にしているわけではなく、感覚的には「受動態」にしたいのです。

Tu as entendu ? On a frappé à la porte.
聞こえた?ドアがノックされたよ。
Michel, on te demande à l'accueil.
ミッシェル、受付で面会だって。


3. 「人々は」
いろいろな理解ができる用法です。
本当に世間の人なのか、限定された「人々」なのかは場面で決まります。

On dit qu'il va démissionner.
彼が退社をするって「みんな」言っています。
=彼が退社をするらしいです。
On m'a appelé du matin au soir.
朝から晩まで電話が鳴りっぱなしだったよ。


4. これは用法 3. に入れてもいいのかもしれません。
場所を限定することにより、「そこに所属をする人たち」を指すことができるのです。

En France, on parle français.
En Belgique, on parle néerlandais, français et allemand.

Ici on parle français. = French spoken.
カフェなどの入口に書いてある「フランス語話せます」という用法です。


5. その他
tu になったり vous になったり、時には je になったりもします。

(嫌なことがあって「ワーッ」と叫んだ後に冷静さを取り戻し)
Ça va ça va. On se calme...
自分に向かって「落ち着け」と言っているわけです。


どの用法であっても、動詞の活用は「3人称単数」なので、楽ちんですよね。

カメレオン on、恐るべしです。

今日覚えたい文法?

年末から年始にかけて、こんな質問をされる機会が増えるかもしれません。

Qu’est-ce que vous voulez / tu veux faire cette année ?
Qu’est-ce que vous voulez / tu veux faire l’année prochaine ?


フランスに行ってフランス語を勉強したいなあ。
Je voudrais aller en France pour étudier le français.
Je voudrais aller en France pour apprendre le français.


ご存知の通り、前置詞 pour は目的を伝えるためのものですね。

フランスに行きたいです、その目的は「フランス語を勉強すること」です、か?

その先がありますよね。
勉強をした結果、今よりもうまく話せるようになりたい、フランス人の友人が欲しい、旅行をしたときにフランス語で困らない程度にはうまくなりたい、など…

また、動詞 étudier や apprendre だと漠然としすぎていますね。具体的な行動や行為があまり感じられません。


せめて、
Je voudrais aller en France pour suivre un stage de français.
Je voudrais aller en France pour suivre des cours intensifs de français.

「集中授業を受ける」と言った方が、具体的で行動がイメージしやすいですよね。


目的を伝えるときには「具体的」にイメージできるように工夫をしてみましょう。

Je voudrais aller en France pour améliorer mon français.
Je voudrais aller en France pour ( apprendre à ) mieux parler français.

「今よりも上手くなりたい」と言う具体的な考えが伝わってきます。


もっと具体的に伝える工夫をしてみましょう。


Je voudrais aller en France pour arriver à bien discuter en français.
フランス語で上手く議論ができるように


Je voudrais aller et suivre des cours intensifs en France pour me faire des amis avec des Francophones.
フランス語圏の友達ができるように


Je voudrais aller et suivre un stage de français en France pour mieux me débrouiller en français lors de mes prochains voyages.
次回以降の旅行でフランス語でことが足りるように

(この表現が使えれば、十分だと言う考えはありますが…)


少し話して相手の理解に委ねるのではなく、少しでもいいから(学習者は多くの言葉が使えないのですから)具体的に話すことにより、聞いている人は行動のイメージがしやすくなり、それが次の質問や話題へ移りやすくするのです。

発言に厚みが出ましたね。
やってみましょう!

今日覚えたい表現

bouche à oreille


もうすぐクリスマスなので町中で「ブッシュドノエル」の宣伝を見るようになったので、こんなことを考えました。


口コミで
、ってなんて言うんだっけ?
そうそう、par le bouche à oreille だった、思い出した。
えーーー〜、LE bouche ?


実はそうなのです。この表現に限っては bouche の前に付く冠詞は男性名詞の le なのです。
調べてみても理由は明らかにならなかったのですが、確実に言えることは、「口コミ」でと言いたいときには par le bouche à oreille という表現を用いればいいんです。


そもそも「耳」を意味する oreille にも冠詞がついていないことを考えても、通常の文法ルールから考えてはいけないのです。辞書によっては bouche-a-oreille という項目を立て名詞として扱っているものもあります。
おそらくネイティブの頭の中では「口」や「耳」を意識することなく、一単語のように感じられた結果、「新語は特に理由がない限り女性名詞にならない」と言う暗黙のルールで「男性名詞」として扱われるようになったのでしょうね。


Le restaurant s’est fait connaitre par le bouche à oreille.
この食堂は口コミで有名になった。

La meilleure pub pour faire connaître notre école , c’est le bouche à oreille.
私たちの学校を知ってもらう最高の宣伝方法は「口コミ」です。


皆さん、このFacebook のことは遠慮せずにどんどん周りの人に伝えてくださいね。
シェアーも大歓迎です!

結局 le bouche à oreille に勝るものはありません。
話す人は血が通った言葉で伝えますからね。

結局宣伝でした。